本文へスキップ

テレビ・新聞・週刊誌・月刊誌などマスコミ向け情報誌

記事article

平成30年度11月

「豊田建設」元顧問の自殺にも関係かーー社員が3人続けて自殺!? の福岡県内企業

「豊田建設」(埼玉県八潮市。17年3月31日、破産手続き開始)の顧問をしていた斎藤弘正氏が神奈川県川崎市内の霊園で焼身自殺した(冒頭写真は自殺現場)のは16年12月のことだった。
東京地検特捜部が3・11震災復興関連工事を巡る贈収賄疑惑のキーマンの1人と見ていたなかでのことだっただけに、その死を巡っていろんな観測も出ていた。
結局、この疑惑は斎藤氏の死去もあって事件化することはなかった(ただし、仙台地検が今年2月補助金詐欺で家宅捜索した件は7月に陰山豊社長ら2名が在宅起訴に)が、今ごろになり、思わぬ方向から、その斎藤氏の自殺の動機になったのでないかとのある情報が遠く離れた福岡県からもたらされた。
それは、同県内のとある企業オーナーが、斎藤氏に対し実にきつい債権回収を行っていたというもの。

 その額、約2億円。(横写真=豊田建設東京本店があった港区西新橋2丁目のビル)
「毎月利息だけでも500万円は取り立てていた」というもので、それは闇金価格だから。
この福岡県は大牟田市の企業M社は不動産関連会社ながら、裏ではオーナーが闇金の回収をしているという。
実はこのオーナーN氏、元々地元組織の組員で、約10年前に一度は足を洗ったものの、その後、分裂した方の超イケイケの組織、現N会に入り直し、その実態はフロント(企業舎弟)という。
そして、そのM社の社員が、「今年5月(I氏)、8月(M氏)、10月(K氏)と次々と死去。宮崎県の方で付き合いのあった者、斎藤氏も入れると計5人が自殺したことになっていますが、せいぜい売上げ高数億円、10人にも満たない零細企業でそんな頻繁に自殺者が出るものでしょうか?」(地元事情通)
「最後に自殺したのは、Nオーナーと中学の時の同級生だったKサンですが、生前、“もし、俺が死んだら、他の者が助かるように証拠を残しておくから”と言っていました」(同)
そういえば、「豊田建設」関連でも、斎藤氏含め計3人が自殺しているとされる。
当時も、斎藤氏以外の2人は自殺するような様子も動機もなかったといわれたものだが、少なくとも今回のK氏も、「自殺するようなタマではない」(知人)という。
にも拘わらず、なぜ「もし、俺が死んだら……」といっていたのか? そして、もしかして斎藤氏他、豊田建設絡みの3人と死との関連はないのか?
地元のマスコミも注視しており、今後の展開が注目される。










このページの先頭へ

contents

THE NEWS 関西

〒542-0082
大阪市中央区島之内2丁目6番5号

TEL 090-1483-3535